最近、キレやすい子供が増えている理由

最近子供たちのいじめ問題や自殺問題など、いろんな事件が起こっていますが、なぜそのような事件が多発するかを考える時、「最近の子供たちはキレやすい」というのも挙げられるのではないかと思います。

 

なぜキレやすい子供が増えたのかなぁ、と考えてみたところ、様々な原因が考えられるような気がします。

 

例えば、学校内や家庭内でのストレスや、プレッシャーなど。
また、家庭の不安定な生活なども重要な要因なのではないかと思います。

 

よく、「子供がキレやすくなる要素」として、ゲームの普及なんていうのが取り上げられますよね。ゲームの普及が子供たちから忍耐力とか自己抑止力などを失わせる、なんて言いますし。

 

私の親戚の子供なども、親がこの問題をすごく気にしていて、「ゲーム脳」になるのを防ぐためにゲームは一日〇時間、と決めて、それ以上させないようにしているんです。

 

私には子供がいませんが、これってすごく大切なことなのではないかなぁ、と私も思っています。

 

キレやすい子供たちの現状としては、「ちょっと注意しただけで教師を蹴る」とか、「キレてはさみを向ける子」などがあるそうです。
まるで、通勤通学時間の満員電車の中のような殺伐とした雰囲気ですよね・・。

 

満員電車の中でのトラブルも後を絶たない、と言いますし。

 

本当に子どもが恐ろしい性格になったものだと思います。

 

キレない子供を作るためにはどうしたら良いのでしょうか。
それはやはり、ゲームなどの電子機器から少し離れる機会を持たせることなのではないかと思います。

 

昨今、インターネットとかスマホとかで対人関係がうまく築けない子供も増えていると思いますので。

 

人との温かいコミュニケーションが見直されているのではないかと思いますね。

このブログ記事について

このページは、monkeyが2015年3月10日 10:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドーパミンとは?ドーパミンを増やす方法・・・」です。

次のブログ記事は「結婚した後もモテたいと思う男心が理解できません。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11