何故、男は浮気をするのか?生物学的に考えてみると・・・

どうして男性という生き物は、浮気をするのか、生物学的に考えてみました。

 

男性が浮気をなぜするか、という理由として、「自分の遺伝子をたくさん残そう」とするから、という風に言われがちなようですが、これは本当なんですかね?

 

よく、カップルのドキドキ度は、3年くらい、と言われていますが、男性が浮気するのもこの頃なんでしょうか、浮気が本能みたいです。

 

確かに私の知っているケースでも、そのくらいの頃に男性側の浮気が発覚するケースが多いような気がしますね。

 

また、浮気をする男性は何度もする癖がある、というのが定説ですが、二人の関係が充実していたらリスクは減るはず、と思ってしまいますよね。

 

ところが、こんな説があるんです。
「男性は恋人と離れている時間が長いほど、精子がたくさんつくられる」

そして反対に、恋人といる時間が長いほど、精子は少ない、とのことでした。

 

これも生物学者が言っていることのようですから、本当なのでしょうね。

 

私もこれについては全く気付かなかったので、聞いた時には驚いてしまいました。
浮気って本当に男性の本能に関係あることだったわけですから。

 

配偶者や彼氏に浮気に走られて悩む女性はたくさんいますが、女性の側としても、これらのような男性の本能について、少し知っておく必要があるのかもしれません。

 

生物学的に男性を知ることで、より深く男性の心理を知ることができそうですし・・。

 

それにしても男女の差というのは、生物学的にもだいぶあるようですね。
こんな状態でよく恋愛とか結婚とかできるものだなぁ、などと感心してしまいそうです。
今まで悩んでいたことはここに回答があった、と言っても過言ではなさそうです。

 

そこが男女の面白いところかもしれませんが・・。

このブログ記事について

このページは、monkeyが2015年3月10日 10:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鏡をやたらチェックする男に対する女の正直な意見」です。

次のブログ記事は「ドーパミンとは?ドーパミンを増やす方法・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11