2015年10月アーカイブ

彼氏、もしくは旦那の秘密のボックスを開けてみたことはありませんか?
開けてみると、どうです。
出るわ出るわ。
元カノからもっと前の元カノとの思い出の品がわんさか。
手紙や写真はもちろん、一緒にいったんであろうテーマパークの入場チケットまで出てきたことがありませんか。
私の場合、数十年前の元カノとの思い出の品が出てきたことがあります。
しかも、きれいに箱に入れられて保管されていたので、
とても驚いたことがあります。

まあ、綺麗にいえられた元カノやもっと昔の元カノとの思い出の品を見つけた途端、彼氏や旦那の女々しさにぞっとしたこと。
女性の場合の多くは、彼氏と別れると思い出の品はすべてといっていいほど廃棄します。
写真は破り捨てるし、おカネになりそうな金品は売る場合もある。
気に入っているブランド物なら使うこともあるけれど、
そこには彼との思い出はすでに、消去されていますよね。

それだけではありません。
思い出の品を綺麗に保管しているだけならまだしも、
男って別れた彼女に未練たらたらになるケース多く、
男友達から良く愚痴というか、未練たらしい話を聞かされたものでした。

なぜ、男は過去の恋愛を引きずるのか?女と男の違い
過去の恋愛を引きずる男性の言葉で多いのは、
"やっぱ、俺あいつじゃないとダメなのかな~。"
"あいつ、いいとこあったよね。"
"もっと大事にしてあげればよかった。"
"あんなにいい女はこれから見つかりっこない。"
別れた途端、彼女の存在の大きさが分かったってパターン。
これが男性の場合多いと思います。
しかも、思い出のすべてが美化されているから驚きです。

付き合っていた時はあんなに彼女の悪口を言っていたにも
関わらず、別れた途端、そんなことは、全てすっ飛んじゃって、
良い思い出だけにすり替わってることが多いと思うんですよね。

だから、男性は元カノのことが忘れられず、
過去の恋愛を引きずるんでしょう。

逆に、女性の場合は、
"男と別れてスッキリした"
"今度こそ、もっといい男を見つけるぞ。"
"誰かいい人いない??"
別れて正解!というパターンが多く、
次の恋愛に意欲的になります。
だから、ほとんどの女性は元彼を引きずるようなことってないんでしょうね。

それって、どうやら生物学的にも根拠があるそうです。
女性の場合は、子孫を残すことが本能にあるので
今よりいい子孫を残すために、行動することが多く、
一人だけを愛してその人の子供を産むという、本能があるから
いちいち、昔の恋愛に未練を持たないといわれています。
逆に男性の場合は、多くの子孫を残すことが動物的本能にあるため、
複数の人を同時に愛することができ、
別れた彼女にさえ、愛情を持ち続けることができるのだといわれています。

本能的にも男女の恋愛観って全く違うんですね。
とはいっても、女性だって元彼に未練がある人も多いのは確かです。
男性、女性と性別で判断するというよりは、
どれだけ男性的な脳を持っているか、どれだけ女性的な脳を持っているかだということのようです。

薄毛に悩む男女が多い近年、様々な育毛剤が次々と
販売されており、どれを選んだらよいのかわからなくなることがあります。
発毛剤に育毛剤。
今の自分にピッタリなのはどっちなの?
自分に合った商品を付けなければ意味がありませんからね。

発毛剤と育毛剤、根本的な違いは何なのでしょうか?
発毛剤とは、抜けおちた毛を生やす効果があります。
発毛剤には、毛細胞を活発化させる成分が入っており、
毛のない部分の毛細胞を活性化させることで、毛を生やす力を与えることが目的の商品です。

育毛剤の場合は、今ある毛を抜けにくく丈夫にする効果があります。
育毛剤には主に、血行を促進させる成分や頭皮環境を整えるための成分が配合されており、今ある毛を太く丈夫にさせたり、
頭皮環境を整えることで、抜けにくい状態に持って行くことを目的とした商品となっています。

さらに、どちらの商品に関してもパッケージを見てみると
医薬品・医薬部外品・化粧品という項目になっているのも気になります。
医薬品の場合が最も効果がある成分が含まれていますが、
副作用の可能性もあるという商品です。
また、医薬部外品は主に予防という位置づけの商品となり
化粧品は、ケアする整えるという目的の商品に使われている言葉になります。
効果があるなら、医薬品を是非、選びたいですが、
副作用が気になるので、肝臓や血圧に持病がある方の場合や、
健康に自信のない方の場合も医師に相談してから使った方が
良いでしょう。
髪の健康や髪を生やさせる力は体が健康でなければ、かないませんからね。

そして、薄毛だったら育毛剤も発毛剤もどっちも使った方が
効果が出るのが早いんじゃないの?
単純に思ってしまいます。
毛は残っているから育毛剤でこれ以上抜けるのを食い止めたいし、
毛がないところもあるんだから発毛剤で生やしたいところです。
育毛剤と発毛剤を同時に使えば、発毛、育毛力も同時に手に入れられると思ってしまいます。

が、育毛剤と発毛剤の併用はやめておいた方がいいとのことです。
なぜならば、二つの薬剤を同時に使うことで
化学反応が起きる可能性もあるからだそうです。
育毛剤+タブレットなら良いけれど、育毛剤+発毛剤だと
頭皮に負担をかけてしまう可能性があるとのことでした。

ただ、どうしても試してみたい方の場合、
朝は育毛剤、夜は発毛剤など時間差をつけると良いそうです。

毛の生やし方や毛の育て方って、毛の抜け方だったり
生活習慣だったり、頭皮の状態でも変わってきます。
自分でいろいろ試してみたり、調べるのもいいけれど、
薄毛の原因を知るためにも、クリニックに出かけてみるのが
一番いいと思うのですがね。
無料カウンセリングを利用することもできます。
まずは抜ける、ハゲる原因を
知ってから使う商品を選んだほうが、フサフサへの近道ではないでしょうか。

リアップx5の効果はコチラ

結婚した後もモテたいと思う男心が理解できません。
職場に、一人は必ずいるんですよね。
結婚をしているのにモテたいと思っている男性。
厳密にいうと、モテたいと思っているかどうかは定かではありません。
が、既に結婚をして子供もいるにもかかわらず、
女性を意識したスーツに持ち物、接し方をして
いかにも女性に好意を持ってほしい感がプンプン漂っています。

一瞬、キモっ。
と思う反面、そんな努力に可愛ささえ感じてしまいます。
それに引っかかる若い女性も少なくないのでしょう。
だから、男もその気になるのは仕方がないことなんでしょうかね。
よく結婚している男性の方がモテるといいます。
それは、余裕が感じられるから。
家庭があるという意味でも、なんだか頼りがいがあるし、
安心感があって女性にも隙ができるというのもあるでしょう。
また、独身男性に比べて既婚の男性の方が
モテたいというのが前面に出ず、仕事に没頭するから、
その姿もかっこよく見えるという意見もあります。

そういう言葉が、結婚をしてもモテたいと思う男性を作っているようにも思えるんですけど。
ただ、どちらがいいんでしょうかね。
結婚をしてもモテたいと思って、努力をしている男性と
既に諦めていて、身なりを全く気にしない男性。
やっぱり、モテたいと思って身なりだけでもきちんとしている男性の方がいいな~。
ただし、モテたいというのと、ヤリタイというのは全然違いますけどね。
モテたいだけなら全然セーフ。
それに加えて、ヤリタイだけなら全くのアウトです。

結婚は人生の墓場だといわれていますが、
だからといって、ずっと独身でいるのもどうかと思うし、
年齢に合ったおしゃれをすることで、
周りにモテて、良い夫であり、良いパパであれば一番最高ですね。

まあ、モテたいだけでいったら、男性だけでなく女性も同じだと思います。
女性にだって既婚者のくせに、男性受けする格好をしたり
ぶりっ子したりする女もいますからね。
いい年をして、ミニスカートはいちゃったり、
リボンが好きだったり、ネイルアートバリバリだったり。
いわゆる、イタイ女のこと。
ファッションの趣味などもあるとは思いますが、
男にモテたい感もあるに違いないと思ってみています。

結婚をした後にもモテたいって人は男に関わらず、女にもいるんですよ。
しかも、男のモテたいに比べて女の方が
アザトク、前面に出ちゃってるからイタイ。
これって、同性だからそう感じることなんでしょうかね。
どちらにしても、モテたいと思う心理はずっとあっていいんだって
思いました。
最終的に家族や子供に迷惑をかけなければですけど。
モテたいという心理があるからこそ、
いくつになっても男も女も輝けるんでしょうから。
そんな年の取り方をしていけたらいいなって思いました。

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11