発毛剤と育毛剤、根本的な違いは何なのでしょうか?

薄毛に悩む男女が多い近年、様々な育毛剤が次々と
販売されており、どれを選んだらよいのかわからなくなることがあります。
発毛剤に育毛剤。
今の自分にピッタリなのはどっちなの?
自分に合った商品を付けなければ意味がありませんからね。

発毛剤と育毛剤、根本的な違いは何なのでしょうか?
発毛剤とは、抜けおちた毛を生やす効果があります。
発毛剤には、毛細胞を活発化させる成分が入っており、
毛のない部分の毛細胞を活性化させることで、毛を生やす力を与えることが目的の商品です。

育毛剤の場合は、今ある毛を抜けにくく丈夫にする効果があります。
育毛剤には主に、血行を促進させる成分や頭皮環境を整えるための成分が配合されており、今ある毛を太く丈夫にさせたり、
頭皮環境を整えることで、抜けにくい状態に持って行くことを目的とした商品となっています。

さらに、どちらの商品に関してもパッケージを見てみると
医薬品・医薬部外品・化粧品という項目になっているのも気になります。
医薬品の場合が最も効果がある成分が含まれていますが、
副作用の可能性もあるという商品です。
また、医薬部外品は主に予防という位置づけの商品となり
化粧品は、ケアする整えるという目的の商品に使われている言葉になります。
効果があるなら、医薬品を是非、選びたいですが、
副作用が気になるので、肝臓や血圧に持病がある方の場合や、
健康に自信のない方の場合も医師に相談してから使った方が
良いでしょう。
髪の健康や髪を生やさせる力は体が健康でなければ、かないませんからね。

そして、薄毛だったら育毛剤も発毛剤もどっちも使った方が
効果が出るのが早いんじゃないの?
単純に思ってしまいます。
毛は残っているから育毛剤でこれ以上抜けるのを食い止めたいし、
毛がないところもあるんだから発毛剤で生やしたいところです。
育毛剤と発毛剤を同時に使えば、発毛、育毛力も同時に手に入れられると思ってしまいます。

が、育毛剤と発毛剤の併用はやめておいた方がいいとのことです。
なぜならば、二つの薬剤を同時に使うことで
化学反応が起きる可能性もあるからだそうです。
育毛剤+タブレットなら良いけれど、育毛剤+発毛剤だと
頭皮に負担をかけてしまう可能性があるとのことでした。

ただ、どうしても試してみたい方の場合、
朝は育毛剤、夜は発毛剤など時間差をつけると良いそうです。

毛の生やし方や毛の育て方って、毛の抜け方だったり
生活習慣だったり、頭皮の状態でも変わってきます。
自分でいろいろ試してみたり、調べるのもいいけれど、
薄毛の原因を知るためにも、クリニックに出かけてみるのが
一番いいと思うのですがね。
無料カウンセリングを利用することもできます。
まずは抜ける、ハゲる原因を
知ってから使う商品を選んだほうが、フサフサへの近道ではないでしょうか。

リアップx5の効果はコチラ

このブログ記事について

このページは、monkeyが2015年10月 6日 17:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「結婚した後もモテたいと思う男心が理解できません。」です。

次のブログ記事は「なぜ、男は過去の恋愛を引きずるのか?女と男の違い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.11